福井たかおのブログ

続・餅つき。湯気が、笑顔が、地域の「思い」を包みます。

先日、とある地域の餅つきに参加したお話をご報告しました。

餅つきの最中の語らいのひととき。
餅をつきおえた達成感を、その場にいらっしゃる方々と共有すること。
つきたてのお餅が、なんとおいしいことか。

また餅つきに参加したいな…。

そう思っていたら、何やらツキがあるらしく、別の場所で開催された餅つきに参加させていただく機会に恵まれました。(ツイてる?)

主に「つき手」をさせていただきましたが、 「相の手」としてお餅を返してくださる方にいろいろと助けていただきました。

いろいろな世代の方々が集う場所。子どもたちが楽しむひと時。その子どもたちを見て、大人も笑顔に。

合間ごとに、「福井たかお」とその考え方についていろいろご関心を寄せていただきました。また、私からも「福津」に対する考え方や、「福津」という空間の中にあるいろいろな課題について、教えていただきました。

Iターン者である私にとって、まだまだ知らない「福津」の風土風習もあります。いろいろな出会いが、餅つきを通じてありました。

福津市内で行われる餅つきがあったら、ぜひまたお声かけください!
そして、餅つきの合間合間に、ぜひ福井たかおにいろいろ「福津」のことを教えてください。福井たかおの思いも、ぜひ聞いてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP